審査員サイト

審査にあたって

  • 過去4年間、公募と講座を通じ集まった札は、計4958点でした。(公募:2162点、講座:2796点)
  • 東京五輪参加予定の206ヶ国を題材とした作品は集まっていますが、「入賞に適さない作品しかない国」が21ヶ国あり、再募集中です。
  • 残り、185ヶ国の札を審査した結果、586作品を1次審査で選出し、以下のように分類しました。
  • A:1ヶ国1枚しか候補作品がない(53ヶ国・53作品)
  • B:1ヶ国2枚の候補作品がある(77ヶ国・154作品)
  • C:1ヶ国3-5枚の候補作品がある(33ヶ国・112点
  • D:1ヶ国6枚以上の候補作品がある(16ヶ国・187点)
  • E:その他(6ヶ国・80点)

審査の手順

  • ウェブサイト、または「絵一覧」(PDF)をご覧ください。
  • 国別に一番優れた作品を選び、その番号(国名の右に記載)を、審査フォームに入力。
  • Aは「1ヶ国1枚しか候補作品がない」ため、印刷にふさわしくないと思う、札があれば国名を記入。
  • B、C、Dは、1枚を選出し、「審査フォーム」に入力し送信。
  • D,Eは、2枚(1位、2位)を選出し、「審査フォーム」に入力し送信。

審査資料

提出方法

  • 審査シート(WORD)に、入力後、事務局あて添付ファイルで送信してください。
  • 入力するのが手間であれば、シートに手書きで記入し、スキャンの上送付していただいても結構です。
  • 期限:2021年1月31日頃。無理があればお知らせください。
  • 1月に、いくつかの国の専門家に審査を依頼します。審査員が見つかった場合は、そちらの審査結果に基づき、入賞作品を決定したく思います。