審査

応募結果

  • 今回の応募は世界30ヶ国から1029作品の応募がありました。最終的に1092作品でした。
  • 前回比では、2ヶ国、402作品増です。
  • 国別では、スリランカ・日本・香港・カナダの順に多く、この4ヶ国で86%を占めます。
  • 新規応募国(前回応募がなかった):(アジア)台湾・韓国・フィリッピン・バングラディッシュ・ネパール(ヨーロッパ)ギリシャ・アゼルバイジャン・ノルウェー(南米)ブラジル
  • 応募がなかった地域:アフリカ・中東

審査概要

  • 前回同様、5つの年齢グループ別に審査し、各グループ2作品以上、合計20点を受賞作品として選出します。
  • 別途、ワークショップ賞を10作品選出し、計30作品をかるたとして印刷する計画です。
  • 1029の応募作品を一次選考した結果、計195作品(56ヶ国の題材)が残りました。
  • 1次選考にあたり、 これまでに受賞した題材作品(例:自由の女神像・ペラヘラ祭り)は、原則として除外しました。
  • 例外は、タージマハール・万里の長城作品です。以前の作品よりかなり優れた作品であったためです。

2次審査の手順

  • ①評価シートのダウンロード
  • ②このページ上の年齢別バナーをクリックし、作品をご覧ください。
  • ③以下の基準に沿って、該当する評価ポイント(4・3・2・1)のいずれかを、シート「評価」欄に記入(必ず半角)してください。

評価基準

  • 4:「入賞に値すると、強く思う」(年齢グループ別に、8点まで)
  • 3:「入賞に値すると思う」(作品数制限なし)
  • 2:「佳作として、ウェブサイトで紹介するに値する」(作品数制限なし)
  • 1:それ以外(作品数制限なし)

絵札一覧(参考)

提出方法

  • 評価シート(WORD)にPCで入力後、事務局あて添付ファイルで送信してください。
  • 期限:4月30日(木) 無理な場合は、お知らせください。