国別プロジェクト

国別プロジェクト

アイスランドのかるたを創ろう

アイスランドのかるたを創ろう
題材は例えば:
パフィン(鳥),
ブルーラグーン(温泉),
エイヤフィヤトラヨークトル火山,
ギャオ(大地の裂け目),
グリマ(レスリング),
ハンギキョート(羊の燻製),
芝生の家,
レイキャビク(首都),
ストロックル間欠泉,
バートナ氷河など。

札の実例:

アイルランドのかるたを創ろう

アイルランドのかるたを創ろう
題材は例えば:
モハーの断崖,
フンギ(イルカ),
ハイクロス(高十字架),
ハーリング(スポーツ),
アイリッシュダンス,
ジーニー・ジョンストン号(飢餓博物館),
カイルモア修道院,
モリー・マローン像,
巨人のテーブル(石墓),
聖パトリックス・デー(祝日)など。

札の実例:

› 続きを読む

投稿

記念撮影

最後に作った札でかるた取り

記念撮影

Karuta Festival 2018

We have just completed Creative Karuta Award ceremony last Saturday with the winners and their family/friends from 5 countries such as Hong Kong, Japan, Russia Federation, Singapore, Sri Lanka. After the ceremony we enjoyed playing karuta with the Global Karuta 2017 while appreciating all original winning artworks exhibited on the venue.

After the ceremony we had a Karuta workshop themed around Russia. First we learned various cultural items of Russian through presentation of a guest speaker Eva who lives in Japan to study Japanese language. Then each of them got a topic to write a clue text and draw the picture. In the end we played karuta with the new cards and the winners got a prize to choose.

 

小学校テーマ別英語教育研究会でKaruta 2020を発表 (Workshop at Elementary School Thematic English Education Movement)

On 23rd July we had a workshop opportunity to share Karuta 2020 project with English educators at Study Meeting in Bunkyo, Tokyo, organized by ESTEEM(Elementary School Thematic English Education Movement) .  After the introduction of Karuta 2020 they created their own clue cards which match the picture cards showing various countries, made by British children. In the end we had a small karuta match which everybody enjoyed.  We got many questions and comments so the workshop was successful.  The below photos shows their original clues matching to the picture cards.

7月23日(日)、文京区にある東洋学園大学で開催された、小学校テーマ別英語教育研究会の集まりで、Karuta 2020プロジェクトについて発表する機会を得ました。小学校や大学教員、大学生等、児童英語教育の関係者14名を対象に、「2020年東京五輪に向けた、「国際理解教育かるた」創作プロジェクト」と題したワークショップ」(40分)を開催しました。

Karuta 2020の活動内容を紹介した後、英国の子供達が作った絵札に、オリジナルの英語の読み句を1人1人が作成。最後にミニかるた大会を開いて、皆笑顔で終えることができました。ワークショップ終了後も質問や意見をたくさんいただいたので、Karuta 2020の意義を理解していただくいい機会となったと思います。

以下、参加者作成の読み句と、作句の参考にした、英国の子供達作の絵札です。

› 続きを読む