Words from Margaret, Winner(受賞者)

I am greatly honored to have my work selected for the 2020 Karuta card contest. That project unites people around the world which is especially important now when it is not the time to travel and experience different cultures.

Karuta 2020 かるたコンテストで、私の作品が選ばれたことを大変光栄に思います。このプロジェクトを通じ、世界中の人々がつながることができます。旅行や異文化体験の機会がない今、とても大切なことだと思います。

(日本語訳:事務局作成)

Words from Diana, winner(受賞者)

This is Diana from Bulgaria! I am writing to you to express my gratitude and thank you again for choosing my work as a country category winner! It makes me very proud to be able to represent my country through your project and this wonderful card game! I would also like to greet all the other participants and winners who have worked hard to create something unique! Stay safe and healthy!

ブルガリアのダイアナです。この度は、私の作品を国別部門の受賞作品に選んでいただき、ありがとうございます。このプロジェクトと素晴らしいカードゲームを通して、自分の国を代表できることをとても誇りに思います。また、ユニークな作品を作るために努力した他の参加者や受賞者の皆さんにも、敬意を表したく思います。

(事務局訳)

Message from Embassy of Thailand, Tokyo(タイ王国大使館)

We would like to congratulate on the success of “Karuta 2020” Project. Your efforts in organizing such a project during this challenging pandemic with a will to promote youth inclusiveness to share cultural diversity and creativity from different corners of the world is highly commendable.

We would also like to congratulate the winner of ‘Wat Arun’ card. We are thankful to be a part of the judging team and send our appreciation to the winners from Thailand from all over the world. The painting on the card is stunning and excellently shows the beauty of Thailand’s landmark.

To this end, we wish to extend the Project our continued support to this valuable project, which helps connect the world through art and imaginations.

Ms. Urawat SUKSEANGDOW
Minister-Counsellor

この度の「かるた2020」プロジェクトの成功を心よりお祝い申し上げます。この困難なパンデミック下で、世界各地の文化的多様性や創造性を共有するプロジェクトを企画された努力は、非常に称賛に値します

また、「Wat Arun」カードの受賞者を祝福したいと思います。審査チームの一員として参加できたことに感謝するとともに、世界各地のタイの受賞者に感謝の気持ちを送ります。カードに描かれた絵は見事で、タイのランドマークの美しさを見事に表現しています。

芸術と想像力で世界をつなぐこの貴重なプロジェクトを、今後も応援していきたいと思います。

(プロジェクト事務局訳)
The right mascot is named ‘Happy-chan’. Happy-chan is the Tourism Authority of Thailand’s mascot. It’s a ghost.
右側のぬいぐるみはタイ観光庁のキャラクターで、精霊の「ハッピーちゃん」です。

Message from Embassy of Oman, Tokyo(オマーン大使館)

この度は、かるたをご送付頂きまして有難うございました。83ヶ国もの国々を取りまとめて、素晴らしい作品を完成されたことに、心からお祝い申し上げます。

オマーン人が日常に使用するポットの中に、人々の生活、風景や愛が詰め込まれている発想が素晴らしい。ポットの蓋にはオマーンの国旗の3色が使用されています。

Message from Embassy of the Dominican Republic (ドミニカ共和国大使館)

“This year I had the honor to collaborate with Karuta Project as a juror for Dominican Republic’s drawings. Then I had the opportunity to get to know this amazing initiative that brings education to children around the world through art and culture. Despise the unfortunate appearance of the COVID-19 pandemic worldwide and not being able to connect physically, Karuta Project has made children of all continents to connect in a deeper level, through their imagination.

I wish the best to Karuta Project organizers so they continue their amazing work for years to come.”

Joselyn Saladin
Ministra Consejera

「今年、ドミニカ共和国の絵画審査員として、Karuta Projectとコラボレーションするという栄誉を得ました。そして、芸術文化を通じ世界中の子どもたちに教育を提供する、この素晴らしい活動を知る機会を得ました。世界的にCOVID-19が流行し、物理的につながることができない不幸な状況にも関わらず、かるたプロジェクトは、すべての大陸の子供たちが想像力を通じて、より深いレベルでつながることを可能にしました。

かるたプロジェクトの主催者には、その素晴らしい活動を今後も継続されることを祈っています。」

ジョセリン サラディン
大臣官房参事官

Bachata, alongside with Merengue, is one of the two typical latin rythms originals from the Dominican Republic. It has been declared as “Intangible World Heritage by UNESCO”.

バチャータは、メレンゲと並んで、ドミニカ共和国発祥の2つの典型的なラテン・リズムの1つです。ユネスコの世界無形遺産に登録されています。

Photo from Erdelyi, winner (受賞者)

Message from her teacher

“I inform you that the award for Lara Erdelja Pataki has arrived. I AM VERY HAPPY AND PROUD OF MY STUDENT !!!
I presented her with the award today. Her photo is attached. Thank you for everything!
I hope that there will be such a competition in the future as well.

I wish you all the best!”

Photo from the Embassy of Togo(駐日トーゴ大使館)


トーゴと言う国は西アフリカに位置していて、隣国は、西にガーナ、北にブルキナファソ、東にベナンがあります。面積は日本の7分の1で人口が800万人ぐらいです。日本からトーゴまでの距離が13000㎞、時差が9時間です。東京からロメ(トーゴの首都)まで、飛行機で約18時間ですので、日本からトーゴまでは約2日間はかかります。
 
コロナウイルスが収束されましたら、是非トーゴへ遊びに来て、トーゴの魅力を満腹してほしいです。トーゴの人達が非常に明るくて親切です。何処へ行ってもおもてなしがあふれていますが、、、北東部にある唯一の世界文化遺産「クタマク」(かるたの題材)と海岸沿いの街アネホ「湖と海の合流地点」をお勧めします。

Video message from Embassy of Romania in Japan(駐日ルーマニア大使館)

ルーマニア大使館から、ビデオメッセージが届きました。

Thank you very much for making karuta cards of Romania. We are sure that karuta will be an opportunity to deepen the cultural exchange between Romania and Japan. Let’s enjoy playing karuta together.

「ルーマニアのかるたを作っていただき、ありがとうございます。かるたを使えば、ルーマニアと日本の文化交流を深める機会となることを確信しています。みんなで楽しくかるたをやりましょう。

Words from Matt, winner(受賞者)

A few years ago, I went to Japan for the first time, at that time I had the chance to go to Toyo university for a summer cultural bootcamp if I may say. While studying Japanese language and culture we had the chance to participate in a Karuta workshop. I only knew this game from anime and it was really niche for me. For people who don’t know what is “Karuta” it’s a traditional Japanese game where you need to be the fastest to find the card with the illustration tied to the poetry the referee is reading. It’s quite fun but can be really hard. It’s a game of memory, speed and knowledge.

Anyway, after a few years I got my first game sent by the Karuta 2020 organisation and it was kind of a prototype with the cards we created at that workshop. And a few years later, this year to be exact, the official game is out, this is supposed to be used in the Olympics to promote Karuta as an Olympic sport and cultural treasure. My card is officially the one representing Belgium and I’m proud of it (even tho my drawing skills are awful, I’m sorry). This is the one you can see on the picture.Thank you again for this opportunity and for your gift.

日本に初めてに行ました、東洋大学の夏キャンプに行ました。そのキャンプで日本の文化と日本語を勉強しました。とても楽しかったです。その時にもカルタのワークショップをしました。そのゲームをアニメだけを見てたけど後で一緒にやってみてた本当に楽しかった。。。と難しかったwwとにかく、その後でカルタ2020が僕をプロトタイプを送って上げました。僕のカードはベルギーのofficialカードになりました!その後で、その年、本物の本物オリンピックのカルタ2020ゲームを送りました。感謝するです。ありがとうございます。